フリーダイアル0120-5599-01(営業時間10:00〜18:00、携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • よくあるご質問
  • 講座一覧
  • 教育コラム
  • 講座制作状況
  • セミナー情報
  • お問い合わせ
学習システムの特色

スモールステップ方式

スモールステップ方式とは、細かな段階をいくつも設定し、それらを小さく乗り越えていく成功体験を積み重ねることで、目標達成をしていく方式のことです。 いきなり大きな壁にぶつかっていくようなハードステップ方式ではなく、一つひとつ小さな成功体験を味わい、自信を感じながら学び進めていくことが必要なのです。

ニッケンアカデミーの学習システムは、基本的に1講座80講義(ユニット)から構成され、20万題以上の問題があり、スモールステップ方式で少しずつ、そして、確実に学力を上げることを可能にしています。

スモールステップ方式

ダブルティーチングシステム

「一人の生徒に二人の先生」、これがダブルティーチングのコンセプトです。ニッケンアカデミーに通塾する生徒には、二人の先生がつくことになります。一人は、パソコンで授業を行う映像の先生、もう一人は、生徒の理解度のチェックやモチベーションの向上・維持の働きかけを行う現場の先生です。
先生1人対生徒2人の一般的な個別指導では、二人の生徒に平均的な指導が行われないと、一方の生徒に不満が起こります。しかし、実際問題、二人の学力や教科・個性の違う生徒を平均的に教えるというのは、先生の負担が大きく、難しいものです。

ニッケンアカデミー学習システムでは、教えるのは「映像の先生」、フォロー・コーチングを行うのは「現場の先生」と、役割分担が明確になっており、生徒の状況ニーズに応じて、関わる先生が変わり、効果的な学習を促進することができるのです。

ダブルティーチングシステム

ページトップへ戻る

  • ニッケンアカデミー教室専用ログイン
  • ニッケンアカデミー生徒専用ログイン
  • 管理者専用ログイン
  • ゆめりあHP
  • 生徒ID登録e-school
  • 生徒ID登録 一直線

  • Copyright © Kenchiku Shiryo Kenkyusha CO.,LTD